ヤギ先生の世界史教室

現役教師です。高校世界史のノートなど勉強に役立つ情報をアップしていきますので、よろしくお願いします。

【ノート】14.キリスト教の成立

【1】成立

[1] ユダヤ教(前5世紀成立)の形式化

 ●パレスチナがローマに征服され、ユダヤ教指導者層がその支配を受け入れる

  ⇒ 律法の遵守と形式的な儀礼を重視したパリサイ派  

  ⇒ 次第に民衆の支持をなくす

[2] イエスの登場 …ユダヤ教の形式化を批判し布教

 ●の絶対愛と隣人愛や「神の前の平等」を説く

 ●さらに神の国の到来と最後の審判を約束した

   ※「神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じよ。」と説き、祭司たちの形式的な信仰を批判

 ●民衆はイエス救世主メシアギリシア語でキリスト)と呼んだ

[3] イエスの処刑(紀元30年ごろ)

 ●ユダヤ教祭祀の反感…ローマへの反逆だと訴える

  ⇒ユダヤ総督(ローマ帝国の役人)ピラトによりゴルゴダの丘で十字架の刑に処される。

                                    ∟イェルサレムにある

 ●処刑の3日後、弟子たちの間で

  「イエスが復活した、また、十字架上の死は人間の罪をあがなう行為であった」という信仰が生まれる

  =キリスト教の成立

 

【2】発展

[1]ローマへの布教 

 …使徒の布教活動によって、小アジアを経て地中海世界に広がる

●代表的な使徒

 ①ペテロ

  十二使途のリーダー。キリスト教会の長。ローマ教皇は彼の後継者。

 ②パウロ

  「異邦人の使徒」。ローマ市民権を持つギリシア人。神の愛はユダヤ人以外の異邦人にも及ぶと説いた。

  ⇒小アジア・シリア・ギリシア・ローマに広がり、特に下層市民や女性、奴隷に信仰される

   ※二人はともに64年のローマの大火に乗じてのネロによる迫害で殉教

 意義:エスの教えは民族・宗教を越えて、普遍的な世界宗教となった。

●3世紀ごろまでに『新約聖書』にまとめられ、ギリシア語のコイネーで書かれた

…「四福音書」「使徒行伝」「パウロの書簡」「ヨハネの黙示録」など27巻。

 ※キリスト教の教典は『旧約聖書』と『新約聖書

[2] 信仰の拡大…教会・五本山の成立(教会はペテロが礎(いしずえ)を築く)

●五本山=①ローマ       ②イェルサレム   ③コンスタンティノープル 

      ④アンティオキア ⑤アレクサンドリア

 

【3】迫害から国教化へ

[1] ローマ帝国による迫害 …多神教信仰であるローマでは、一神教信仰であるキリスト教を受け入れられなかった

 ●ネロ帝…ローマ大火の責任をキリスト教徒に転嫁。ペテロとパウロは殉教(64年)

 ●ディオクレティアヌス

  ・皇帝の神格化を進め、皇帝への崇拝を拒むキリスト教徒を迫害(303年)

  ・キリスト教信者・聖職者を逮捕。「聖書」を焚書に。約3000人が犠牲に。

   =ローマ帝国最後のキリスト教徒迫害

  ⇒迫害の中の信仰 =カタコンベ(地下納骨堂)での礼拝

[2] キリスト教の公認

 ●ミラノ勅令(313年) …コンスタンティヌス帝の時代 ⇒キリスト教公認

 [理由]ローマ帝国の「3世紀の危機」が続くなか、キリスト教信仰を統一に利用

 ●ユリアヌス帝(位361~363)…古来の多神教の復活を試みるが、背教者と言われる

  ⇒死後、キリスト教に復帰。キリスト教の信仰がローマ社会の上層にも浸透

 ●キリスト教国教化(392年) …テオドシウス帝の時代

  ⇒アタナシウスキリスト教を国教とし、他の宗教を厳禁

  ⇒教会は国家の保護を受け、聖職者の階層化が進む

[3] 正統・異端論争 …イエス死後、約300年を経て、教義を巡る論争が起こってきた

 ●ニケーア公会議(325年) …コンスタンティヌス帝の時代

   アタナシウス派:神とイエスは同一であると主張 ⇒ 正統とされる

   アリウス派:イエスは人間と主張 ⇒ 異端とされ、ゲルマン人に布教

  ⇒ 正統教義の確立…アタナシウス派三位一体説が理論化

  =「父なる神と子(キリスト)と精霊は、三つのペルソナ(面)をもつが一体である」

 ●エフェソス公会議(431年) …ネストリウス派が異端とされる。

                   …キリストの神性と人性を分離する考え

  ⇒ササン朝を経て唐代の中国に伝わり景教と言われる

 ●カルケドン公会議(451年)

  …教皇レオ1世の要請で単性論(キリストに神性のみを認める立場)を否定

[4] キリスト教思想家(教父)の活躍

 ●エウセビオス (4世紀)…『教会史』で使徒時代から323年までのカトリック教会の歴史著わす。

 ●アウグスティヌス(5世紀) …『告白録』『神の国』を著した最大の教父

(1) キリスト教の協議

 ①アタナシウス派…神とその子イエス聖霊の3つを一体とする

 ②アリウス派…キリストの人間性を強調

 ③ネストリウス派…キリストの神・人両性論